インフルエンザ・食中毒菌・ノロウイルス・レジオネラ菌・院内感染などの感染対策用消毒・除菌剤とプラスチック添加剤製造の濤和化学(トーワ化学)
トーワ化学 インフルエンザ・食中毒菌・結核菌・感染予防対策

  HOME   プラスチック着色加工  感染予防対策メディカル製品   会社概要    お問合せ

ホーム > 感染対策教室 > 緑膿菌感染対策

 

   緑膿菌感染対策

 

 

  緑膿菌とは?

 

 自然環境(水中や土壌)をはじめ、人や動物の皮膚・消化管・

 糞便などに発生する細菌です。

 病原性はそれほど高くありませんが、栄養分の少ない場所でも

 増殖が可能で、他の病原菌と共に感染(=混合感染)するケー

 スが多々あります。たとえば、水まわりにわずかでも有機物が

 存在するだけで増殖、また、病院内でも生殖し、院内感染を起

 こす引き金にもなります。


 

  感染に対して

 

 

  緑膿菌は日和見感染菌

 

緑膿菌は、病原性が低いため、健康を維持していれば感染する可能性はほとんどありません。
通常なら好中球によって感染する前に殺菌されます。しかし、感染に対する抵抗力が弱まった方

(高齢者・慢性疾患者など)には感染することがあり、あらゆる症状を引き起こします。
つまり緑膿菌は「日和見感染菌※」にあてはまるといえます。

日和見感染菌とは、健康を害さない程度の病原性を持つ細菌に、抵抗力の低下が原因で感染す

ること。

 

 

  感染によって考えられる症状

 

緑膿菌に感染すると、次のような症状を引き起こすといわれています。

特に呼吸器系に感染すると症状は重く、毒素によって肺組織が破壊されてしまいます。また、抵抗力が弱まる傷口などからも侵入しやすく、手術後に感染するケースもあります。

 

 

  感染経路は?

 

 緑膿菌の感染にいたるまでの経路として、医療に関する器具や

 環境を通しての感染、自身による感染の2つが考えられます。


 

 

  感染対策方法は?

 

健康な人であれば、手洗い・うがいを行うことで防ぐことができます。その際、石けんやうがい薬を使うのも良いでしょう。 病院など、緑膿菌の感染に注意が必要な場所においては、医療に関する器具をはじめ、患者が触れる可能性のある場所をきちんと消毒することが大切です。