インフルエンザ・食中毒菌・ノロウイルス・レジオネラ菌・院内感染などの感染対策用消毒・除菌剤とプラスチック添加剤製造の濤和化学(トーワ化学)
トーワ化学 インフルエンザ・食中毒菌・結核菌・感染予防対策

  HOME   プラスチック着色加工  感染予防対策メディカル製品   会社概要    お問合せ

ホーム > 感染対策教室 > レジオネラ菌感染対策

   レジオネラ感染対策

 

  レジオネラとは?

 

 原生動物に寄生しながら、自然環境下(河川や湖沼の淡水、土

 壌)で発生する細菌です。

 レジオネラ菌には様々な種類があり、それらを総称して「レジオ

 ネラ属菌」と呼びます。低温度では20℃、高温度では50℃の範

 囲温度で繁殖し、中でもおよそ36℃前後が成長に最適とされて

 います。また、自然環境以外でも日々の暮らしにおいて、冷却塔

 や循環式浴槽など、水を貯めておいたり連日繰り返して使用する

               人工的な環境下での感染が確認されるようになりました。


原生動物とは、ひとつの細胞だけで生息し、分裂などによって増殖する生物(アメーバなど)。

 

 

  感染に対して

 

レジオネラ菌に感染すると、「レジオネラ症」を引き起こします。
抵抗力の低くなっている方(乳幼児・高齢者・病気の方など)にかかりやすく、緑膿菌などと同じく日和見感染症にあげられています。また、レジオネラ菌による病気は、以下の2つに大きく分けられます。

 

  レジオネラ肺炎

 

主な症状として、寒気・高熱・吐き気・筋肉痛・意識障害などがあり、場合によっては重症に陥るケースもあります。

 

  ボンティアック熱

 

主な症状として、寒気・発熱・筋肉痛などがあり、一般的に重症まではいたりません。
しかし、インフルエンザに類似した非肺炎型熱性疾患とされています。

 

 

  感染経路は?

 

 レジオネラ菌は、レジオネラ属菌を含んだエアロゾル(霧状の水

 )を、口から直接吸い込むことで感染します。

 人から人への伝染はありませんが、1つの感染源から複数の人に

 感染が拡大していく傾向があります。特に水まわり環境(貯水槽

 ・浴室・加湿装置・手洗い場・プール・噴水など)において、レ

 ジオネラ菌の繁殖には気をつけておく必要があるでしょう。


 

 

  感染方法は?

 

感染経路の可能性として考えられるいくつかの環境に対して、それぞれに注意や対策が必要です。
あらゆるケースに対応して、感染を防がなくてはなりません。

 

 

  冷却塔の場合

 

レジオネラ属菌が増殖するのに適した温度が、冷却水の温度に適しているため、細菌が増殖しやすくなります。冷却塔には「丸型」と「角型」の2種類あり、特に「丸型」の冷却水は、エアロゾル(=霧状の水)が飛び散りやすいため、維持管理に注意しなければなりません。また、冷却塔の設置場所も考慮してください。外気取入口などから近い場所に設置している場合は、エアロゾルが室内に侵入することもあります。フィルターの性能をアップさせたり、設置場所を変更したりするなど、対策が必要です。

 

 

  循環式浴槽の場合

 

循環式浴槽とは、浴槽の湯をろ過しながら繰り返し利用する浴槽構造です。
使用されている環境として、以下のような場合があります。

湯が配管内を循環しているので、洗浄・消毒が不十分だとレジオネラ菌が増殖します。これを防ぐには、循環式浴槽の細部にいたるまで清潔さを保った維持管理が必要です。

その他、浴槽内に空気を送り込み、泡を噴き出させる気泡風呂やジェットバスなどもレジオネラ菌が増殖しやすいため、注意が必要です。

 

 

  公衆浴場の場合

 

銭湯などの公共浴場施設やホテル・旅館などの浴場施設は、法律および条令で営業者の自主的な管理や保健所などによる監視・指導など、設備の衛生管理が定められています。利用者は、高齢者や子どもといったあらゆる年代層がいるため、施設の維持管理や水質管理など、徹底した管理体制が必要です。

 

 

  加湿器の場合

 

加湿水を長時間貯めておく必要のないビル空調機に組まれた加湿器は、通常の使用ならレジオネラ属菌が増殖する可能性はほとんどありません。しかし、家庭用加湿器で超音波式などの非加熱式の機器は、加湿水を貯めておくことでタンクの汚染が起こりやすく、レジオネラ属菌が増殖しやすくなります。

 

 

  噴水などの場合

 

人工的な設備として作られた噴水や滝などは、管理の仕方次第でレジオネラ菌の感染源となる可能性があります。こういった設備には、以下のような対策を継続して行うことが必要です。