インフルエンザ・食中毒菌・ノロウイルス・レジオネラ菌・院内感染などの感染対策用消毒・除菌剤とプラスチック添加剤製造の濤和化学(トーワ化学)
トーワ化学 インフルエンザ・食中毒菌・結核菌・感染予防対策

  HOME   感染予防対策メディカル製品   プラスチック着色加工   会社概要    お問合せ

ホーム > 感染対策教室 > 鳥インフルエンザ感染対策

   鳥インフルエンザ感染対策

 

 

  鳥インフルエンザとは?

 

 

 鳥類が発症するインフルエンザウイルスです。

 A型インフルエンザウイルス」と呼ばれる感染症で、人が感染す

 るインフルエンザウイルスとは異なります。中でも特に病原性が

 強いのが「高病原性鳥インフルエンザ」と呼ばれるもので、全身

 症状を発症したり、場合によっては死にいたります。

 一方、症状の軽い感染のケースは「低病原性鳥インフルエンザ」

 と呼ばれ、毛並みの乱れや産卵数の減少する程度で留まります。

 低病原性は、毎年のように集団発生が報告されているものの、高病原性のような被害は報告され

 ていません。


 

  動物への感染

 

鳥インフルエンザは、鶏の他にも様々な種類の鳥に感染することが考えられます。
中でも感染しやすい種類として、七面鳥やアヒルがあげられます。
しかし、ほ乳類に関しては、ほとんど見られませんでした。

 

 

  人への感染

 

鳥インフルエンザが、鳥から人へ感染するというケースは、ほとんどありません。
しかし、全く可能性がないとはいえず、これまでにいくつかの感染事例がありました。

 

近年の感染事例

  1. 2003年2月:香港で鳥インフルエンザウイルスH5N1型の感染が2名確認され、1名が死亡。
  2. 2003年2~5月:オランダにて、鳥インフルエンザウイルスH7N7型の防疫に取り組んだ86人とその家族3人からウイルスを検出。78人が結膜炎、2人がインフルエンザ様症状、5人がその両方の症状を発症。
  3. 2004年1~2月:アジアの広範囲で、鳥インフルエンザウイルスH5N1型が流行。ベトナムで22名(うち15名が死亡)、タイで12名(うち8名が死亡:2004年3月31日現在)の発症者が発生。

 

  感染に対して

 

鳥インフルエンザに感染した鳥は、全身症状を起こして死にいたるケースが少なくありません。
主な症状としては、以下のようなことがあげられます。

 

  感染経路は?

 

感染にいたるまでの主な経路として、以下のような内容が考えられます。

 

  農場内での感染

 

農場内においては、鳥インフルエンザウイルスに感染した鶏の排泄物や分泌物、粉塵などによって感染が拡大していきます。また、感染した鳥の移動や、小動物(ネズミなど)の体の表面に鳥インフルエンザウイルスの菌が付着したり、用具・乗り物・飼料・衣類(特に履き物)などを介して、農場や地域と範囲を広げて感染が引き起こる可能性もあります。

 

 

  農場外からの感染

 

農場外部からの鳥インフルエンザウイルス感染は、小動物(野鳥など)や、鳥インフルエンザウイルスが発生した地域から輸入された肉や卵、海外発生地から帰国した人が持ち込むケースなどが考えられます。

 

 

  感染対策方法は?

 

鳥インフルエンザウイルスの感染対策方法は、以下の内容があげられます。